『医療 x ◯◯』 社内アイデアソンを実施しました!

2015年4月13日にエムスリーで「医療・ヘルスケア」をテーマに アイデアソン(決められたテーマのアイデアを話し合うイベント)を実施しました。

このアイデアソン実施の目的は次の3つです。

  • 交流: 普段の仕事ではあまり関わらない他部署の人との交流。社内34名、外部3名(医師の方1名、医療系IT企業の方2名)に参加して頂きました
  • アイデア出しのスキルアップ・自己研鑽: 普段使わない部分のアイデア出しのノウハウを学んだり、他のメンバーから刺激を受ける
  • 新規事業のアイデア出し: エムスリーで事業化できそうなアイデアを普段とは違う視点で考える

タイムスケジュール

アイデアソンは、2時間の中で「個人のアイデア出し⇒チームでまとめ」の作業を繰りを行うのスタイルでした。


具体的には、次ような流れでアイデアソンを実施しました。

STEP0
自己紹介(チーム内 各自)
まずはアイスブレイクで、チーム内で自己紹介。
STEP1
デバイス・ペルソナ・シーン決定
チームで今回のアイデアソンで、誰の(ペルソナ)、どのようなシーンに必要なものを考えるかを決めます。
STEP2
アイデア出し(個人)
アイデアを一人2つ、附箋に書きだします。
STEP3
アイデア発表(全員 => チームに)
一人ひとりが書きだしたアイデアをグループ内で発表します。
STEP4
再度アイデア出し(個人)
チームメンバーのアイデアをヒアリングして、ブラッシュアップしたアイデアを附箋に書きだします。
STEP5
効果・開発難易度を考慮しつつアイデア発表(全員)
書き出したアイデアを書いた附箋を、価値と技術の難易度を考慮しつつ、効果(価値)と開発難易度(実現可能性)の2軸で評価します。
STEP6
チーム内投票(全員)
1人2票で、いいと思うアイデア(付箋)に投票して、チームで発表するアイデアを決めます。
STEP7
発表準備(全員)
発表するための資料を作成します。
STEP8
発表
チームごとに、作成したアイデアを他のメンバーに発表します。
STEP9
全体投票(全員)
全員で、一番よいと思うアイデアを全員の投票で選びました。今回特に面白かったアイデアを2つほどピックアップして紹介します!
  • おじいちゃんありがとう: 高齢者の運動不足解消を目的としたアイデア。 おじいちゃん、おばあちゃんに腕時計のガジェットをつけてもらい、家族と音声でコミュニケーションしながら、 おじいちゃん、おばあちゃんに簡単な運動をすることをサポートします。今回のアイデアソンの最優秀賞でした。
  • デンタ君(仮): カメラ付きの歯ブラシをつかったお口の中の健康管理のアイデア。 カメラ付きの歯ブラシとスマートフォンが連携して、歯磨き中の画像をクラウドに送信します。 クラウドに送られた画像を自動判定して、歯や歯ぐきなどの健康状態を判定。歯磨きの指導や、 虫歯の早期発見を支援してくれるツールです。

参加者からのコメント

実施後アンケート結果

  • 他の参加者のアイデアの出し方や発想方法が参考になりましたか?

    96%の方が「非常に参考になった」「参考になった」と回答

  • アイデアの出し方を学ぶことができ、発散の場となりましたか?

    83%の方が「強くそう感じる」「そう感じる」と回答

良かった点

  • 色々な部署の方や外部の方とも交流でき、様々な考え方に触れ、とても楽しく有意義なWSでした。
  • リードしてくれた方々がおられたからですが、2時間である程度の形になるものなのだというのが発見でした。

次回改善したい点

  • 面白かったがやはりもう少しアイデアを深めるプロセスが必要と思う => 次回はアイデアの深堀りを目指します。

運営チームの感想

開催後に参加者からアンケートからも、メンバー間のコミュニケーションや、お互いのアイデアを通じて刺激を与え合う事ができたと思います。
これからも積極的にアイデアソンやハッカソンを開催して、ハッカーやプランナーにとってよりよいカルチャーを作っていきたいです!

M3で開催するアイデアソンやハッカソンに参加しませんか?

今後、M3で開催予定のアイデアソンやハッカソンに興味を持って頂けるようであれば、 こちら からご登録下さい。
アイデアソンやハッカソンなどのワークショップ の開催時にはこちらからご連絡致します。

We're hiring!

M3ではアイデアソンが大好きなプランナーやハッカーを積極的に募集しています。
書類選考の前にエムスリーのことを知っていただくためにカジュアルな面談も可能です。
現在募集中の職種は こちら です。